チャップリンと木の下で いつか語り合いたい、来世あたりに。
copyright © 2006 チャップリンと木の下で all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
親切なクムジャさん
2008-02-23 Sat 11:40



パク・チャヌク監督の『復讐三部作』の完結編。


この前鑑賞した『オールドボーイ』より、私はこちらの方が圧倒的に好き。
でもあまりに激しい感情が込められていたからか、観ていて途中で苦しくなり少し気分が悪くなるくらい。気分が悪いのに、全く目が離せない。

この気分が悪くなるというのも、決して嫌いな感覚じゃなくむしろこの気分の悪さが心地いい、的なところがある。ドMじゃないよ。変人じゃないよ。
ラース・フォン・トリアーの『ドッグヴィル』を観た時の感覚に似てるかも。


無実の罪で13年服役させられていたイ・クムジャ。
刑務所の中では、誰にでも親切で天使のように微笑んでいる。
皆からは『親切なクムジャさん』と呼ばれていた。
しかし彼女を陥れ、娘と引き離した者への彼女の復讐は、もうその時すでに始まっていた・・・。

復讐を題材にしたものはいくつか観たことがあるけれど、こんなに究極的に残酷で親切な復讐劇は知らない。

クムジャさんは、復讐のために利用できるものは全部利用した。
他人の心も自分の心もなんでも利用した。

ひたすら復讐のために生きるクムジャさんの姿は、ともすると人間とは思えないような冷酷非道なものかもしれない。復讐を成し遂げた時の、あの表情は夜叉のようだった。
でもその氷ついた心の裏側には、愛する娘に対する深い愛、復讐相手ペクとともに誘拐して死なせてしまった子供に対する深い懺悔の気持ちが存在していた。

極限に立たされた人間の行動なんていうのは、普段の心境からは想像もつかないようなものかもしれないけれど・・・クムジャさんのあの行動は、限界まで人を憎みそれを超えそうになってしまった時に、生命を維持するためにとらざるをえない行動だったのかもしれない。

まったく理解できるものではないけれど(笑)


演出的にも、ところどころユーモア(ブラックユーモア?)があって素敵でした。
キム・ギドク作品を観るまでは韓国映画ってほとんど観たことなかったけれど、独特で強烈だけど惹きつけられる良い作品が多いんだなと最近思う。
しかし、イ・ヨンエはすごい・・・国民的美人女優(らしい)なのに、あの演技は・・・。


三部作の最後のひとつを観る元気はもうありませんが・・・(笑)












スポンサーサイト
別窓 | Movie | コメント:0 | トラックバック:0 |
オールド・ボーイ
2008-02-18 Mon 13:05
L_01.jpg




理由も分からぬまま、15年間監禁される平凡なサラリーマンのオ・デス。
監禁された本当の理由を知り、復讐を果たすことを誓う。そして、ふとしたことから知り合った若い女性ミドの助けを借りて、監禁した相手の正体を探り始める。
最後の最後、渡された箱の中に隠されていたのは、あまりにも絶望的で衝撃的な真実だった・・・

日本の同名漫画が、韓国のパク・チャヌク監督によって映画化された作品。
これ、韓国人監督だからここまで突き抜けられたというところはあるのかもしれないと思った。
日本人が作るとなると、また全然違うものになっていたような気もする。


とりあえず観終わった後の疲労感はすごい。
復讐する側からすると、この上ない最高に最悪な究極の復讐。
される側からすると、今ここに自分が生きていることが心底嫌になるくらいの仕打ち。
もう・・・観ているのが苦しくてたまらない。

人間はここまで、同じ人間に対して憎み恨むことができるのか。


綿密に練られた究極の復讐劇。
15年間の監禁が解けるその日こそがすべての始まりだったなんて。
体を傷つけるどんな凶器よりも痛い、人を精神的地獄へ突き落とすものがある。
究極の復讐に必要なものは究極の・・・だった。

観たくないのに観たい。
この物語の結末を知りたい。
そんな感じで、最後まで目が話せず進んでいきました。


オススメしたいなんて正直思わないけど。
もう一回観たいなんて、ほんの少しも思わないけど。


衝撃的なことに間違いはない気がします。







別窓 | Movie | コメント:2 | トラックバック:0 |
L change the world
2008-02-16 Sat 14:06
ずっと楽しみにしてました。
スピンオフ決まった時からずっとずっと。


ちゃんと生きてたな~L!
マンガの中から飛び出してきたようだ。
表情、しぐさ、いでたち、空気・・・すごいなー松山ケンイチ。
そのひとつひとつから、色んな感情が伝わってくるというか。


鋭い眼光や、時折見せる孤独で優しいまなざしのL。

機械のように無機質で、時に人間らしい一面を見せるL。

死に近づくにつれて、少しづつ心境が変化していくL。


好きだからひいき目に見てるのかもしれないけれど、本当にスクリーンの中で生きている感あります。Lが憑依でもしてたんじゃないの?(笑)
原作のLの大ファンだったこともあり、映画的にどうとか脚本・演出がどうとかよりはLと松山ケンイチを観に行っていたので大満足ですね。すごーーーく偏った見方をしてるとは思いますが(笑)

なんであれ、楽しめたモン勝ちってことで(笑)


もう~なんというか。
松山ケンイチがやってるL、ではなく「L」にしか見えなかった。
観ている間は役者の存在みたいのを忘れてた感じ。
これは特殊にメイクしてたからとか関係あるんでしょうか。どうだろう。


・・・正直ストーリーや演出的なものとかあまりちゃんと観てなかったんですが(汗
やたらホラーの要素が混じっていたような。中田秀夫監督だから仕方ないのかもしれないけれど、鶴見しんごの死に方は怖すぎるよ!そして長すぎるよ(笑)
色々とつっこみどころはあったけど、内容的にはデスノートとはまた別のものとして楽しめた気がする。


映画の感想というより、ただ松山ケンイチが素敵だったと言いたかっただけです。


カムイ伝も楽しみ♪♪♪♪♪











別窓 | Movie | コメント:0 | トラックバック:0 |
DVDで観た映画②
2008-02-16 Sat 13:06
『真昼ノ星空』

出演:鈴木京香 ワン・リーホン 香椎由宇

切なくて、心地よいけだるさの残る映画。
都会の喧騒から離れてひっそりと孤独とともに生きているような3人の物語。
それぞれの人生は同じ土地でほんのひとときしか交わらないけれど、どこか重なるところがあったりもする。一人でずっと生きていくと決めた女(鈴木京香)も、その女に生まれて初めて恋愛感情を抱く殺し屋の若者(ワン・リーホン)も、プールサイドで黙って無表情で佇む女(香椎由宇)も、どこか諦めにも似たような憂鬱と、いろいろなものを抱えながらも生きていこうとする静かな生命力があるように感じた。
淡々と静かに展開していく映画だけど、鑑賞後妙なすがすがしさがあった。



『ファーゴ』

出演:フランシス・マクドーマンド スティーヴ・ブシェーミ

コーエン兄弟監督・製作の作品。
「面白いよ」と言われて、何も考えず鑑賞。
最初はわりとふっつーに進む。事件が起きてその解決に奔走する女性刑事の様子、みたいな。ほんの小さなことが大きな事件になり、最後にはとんでもないものを目撃してしまう・・・。
実話に基づいてるというから二重に驚き。
最後「ええっ!!!」ってなるから!って聞いてて確かになった。想像してたのとはまったく別の「ええっ!!!」だったけど(笑)真っ白な雪の上に降り注ぐあれが印象的でした。
二度と観ないけど、ある意味ファンキーな映画でした。
最後のあれはブラックユーモアなんでしょうか・・・。
コーエン兄弟だったら、私は『バーバー』の方が圧倒的に好きだなぁ。







別窓 | Movie | コメント:0 | トラックバック:0 |
DVDで観た映画① 
2008-02-02 Sat 15:20
レビューに書いてなかったもので色んな意味で印象に残った映画など。
備忘録として書いておこうかなという感じで。



『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』

出演:浅野忠信 中原昌也 宮崎あおい 他

青山真治監督作品。
‘エリエリレマサバクタニ’とは、
ヘブライ語で「わが神、どうして私をお見捨てになったのですか」という意味らしい。

西暦2015年、世界中にウィルスが蔓延していた。
それは視覚で映像によって感染し、発症すると「自殺」によって確実に死に至る。
人々はこれを“レミング病”と呼んでいた。発病を抑えるためには、あるふたりの男が演奏する“音”を聴くこと。富豪のミヤギ(筒井康隆)は“レミング病”に感染してしまった孫娘(宮崎あおい)を救おうと、探偵を使いふたりの男(浅野忠信&中原昌也)を探し出そうとする。

というストーリーなんですが・・・
終わったあと「????????」というのが正直なところ(笑)
とにかくものすごいノイズミュージックが頻繁に流れ、疲れる。
セリフも少なめで、考えるより感じろ系?でしょうか。
キレイな映像とノイズが大好きな人にはいいかも・・・(笑)



『疾走』

出演:手越祐也 韓英恵 豊川悦司 加瀬亮 他

重松清原作本の映画。

「誰か一緒に生きて下さい」
優等生の兄が放火事件を起こし、父は疾走し、母は借金にまみれその後消える。
そんな壮絶とも言える自らの人生を疾走していくシュウジ。
そして一家心中で一人生き残った少女エリの運命とともに、そこからまたシュウジの人生は衝撃の結末へと向かう・・・。

話が進めば進む程、どこまでも暗闇と孤独は深さを増していくばかり。
登場する人間は皆不幸です・・・。あまり救いがない。
2回目はもう観れないけど、なんだかものすごく印象に残ってる映画です。
終始「死」のにおいが漂う感じなんだけど、「生きる」ことに向かおうとした映画だと思う。
ものすごい重圧感の中に、生々しいものがあるような。

個人的に・・・少しだけ出てきた加瀬亮が、ものすごいインパクトでした。



『乱歩地獄』

出演:浅野忠信 成宮寛貴 松田龍平 他

うん、スゥィートな地獄でした(笑)
エログロまっしぐらだなー。私的には『芋虫』はキツかった。
映像にすると、やっぱり絵が目の前に提示されるから凄みがあるというか。
小説は小説でゾクゾクするものがあるんだけど、また別の怖さというか・・・。

お気に入りは成宮くんの『鏡地獄』
チューハイCMのやたら爽やかな成宮くんよりも、妖艶で狂人の成宮くんのほうが好み。
浅野忠信の明智小五郎も見れたし。
原作の『鏡地獄』も短編の中でかなりお気に入りです。

『蟲』は原色の夢世界のような背景と、緒川たまきの死体が妙に溶け合ってって、恐ろしくもどこか美しい仕上がり。観たくないのに観たいような。
あのシーンがいまだに頭から離れない。

私はこれを劇場に友人と観にいってしまって失敗(笑)
これはひっそり夜中にひとりで鑑賞しましょう。



















別窓 | Movie | コメント:2 | トラックバック:0 |
| チャップリンと木の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。