チャップリンと木の下で いつか語り合いたい、来世あたりに。
copyright © 2006 チャップリンと木の下で all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
御手洗シリーズ備忘録 その3
2008-04-04 Fri 16:34
島田荘司さんはかっこよかった。
大変ジェントルマンでダンディなおじさまでした。


『ネジ式ザゼツキー』

2003年に出版されたということで、御手洗潔ももう50代。
若い頃の変人ぶりはどこへやら?な感じだったけれど・・・。

記憶喪失の男が、スウェーデンの脳科学者御手洗教授のもとに『タンジール蜜柑共和国への帰還』という自作の本を持って現れる。その奇妙なファンタジーの中に散りばめられている記憶のかけらから、御手洗教授が男の人生の空白の謎を解明する。そして皆の目の前にあらわれたのは、あまりに哀しく衝撃的な事実だった。ひとつの偶然とひとりのある想いが引き起こしたこの事件は、奥に行けば行くほど「誰かの誰かへの想い」が複雑に絡み合った事件だった。

それぞれの「正義」を主張するために、はるか昔から争いを繰り返す人間はこれからどこへ向かうのだろうか・・・。今あるこの世界は、あまりにも多くの犠牲や悲しみの上にあるんだな。
ほんと、島田先生の本は痛い。痛いけれど、これは知っておかなければならない痛み。

脳の話はとても興味深く、難しいところもあるけれど一気に読めました。
時代が時代だけに、インターネットや電話を駆使して研究室内で御手洗さんは謎を解いちゃいます。
普通ならこういう設定だと途中で飽きてしまいそうですが、無駄っぽいところもなく早く次へ次へと読めるところがすごい。

正直途中のグロイ描写がきつかったけど、これは人間が実際に同じ人間に対して行ってきた愚行そのものなんだろう。私が知らなかっただけで。知らないということもまた罪だ。



スポンサーサイト
別窓 | Books | コメント:0 | トラックバック:0 |
| チャップリンと木の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。