チャップリンと木の下で いつか語り合いたい、来世あたりに。
copyright © 2006 チャップリンと木の下で all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
オーデュボンの祈り
2007-10-13 Sat 16:31




伊坂幸太郎にハマるきっかけになった一冊。
何か最近のオススメの小説はと言われたらこれをオススメする。


コンビニ強盗に失敗した主人公は、警察に追われる途中で意識を失い、見知らぬ島で目を覚ます。その島は150年もの間、外部との交流を持たない孤島だという。そこで人間たちに崇拝されているのは、言葉を話し未来を予知するというカカシ「優午」だった。
しかしある夜、何者かによって優午が「殺害」される。なぜカカシは、自分の死を予測できなかったのか?

・・・とあらすじはこんな感じだけど、短い文章ではなかなか表せない。
正直、あらすじでは全く分からないというか伝わらない面白さがあると思う。

この物語にはしゃべるカカシ、嘘つきの画家、体重300キロのウサギさん、島の規律として殺人を繰り返す男「桜」、天気を予測する猫・・・こんな現実離れした滑稽で奇妙な登場人物ばかりが次々と登場する。でもただのファンタジックな物語ではなく、妙にリアリティがある。
これらの登場人物の感情がやたらリアルに読み手に伝わってくる。
まるで自分がこの荻島にいて、そこの人々に出逢ったような妙な親近感があったり、島自体が抱える大きな悲しみの中に自分もいるような不穏な感覚があったり。

物語に登場する人々の一言ひとことにもハッとさせられる。
普段、私たちが分かっていながらも気付かないフリをしてどこかに押し込んでいる感情や、人に対する口にはなかなかしにくい切実な想いをさらっと示してくれていたりする。
何が真実かよくわからなくなる現実に対しての不安を、この本は分かってくれているような気にさえなってしまいました(笑)

ファンタジックな設定の中で人間のダークサイドを描きながらも、最後には人間が好きでいられるというか、あたたかいものもちゃんと置いていってくれる。絶望と希望をあわせ持ったものとして鮮やかに描かれている気がします。


・・・この島にたったひとつ足りないものって?


そんな最大の謎が紐解かれた時の爽快感も、またこの本の魅力のひとつです。





スポンサーサイト
別窓 | Books | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<虚無への供物 | チャップリンと木の下で | 僕は妹に恋をする  ☆☆☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| チャップリンと木の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。