チャップリンと木の下で いつか語り合いたい、来世あたりに。
copyright © 2006 チャップリンと木の下で all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
虚無への供物
2007-10-19 Fri 15:24




小栗虫太郎『黒死館殺人事件』、夢野久作『ドグラ・マグラ』と共に日本の「三大奇書」の中のひとつに挙げられている中井英夫の『虚無への供物』

アンチミステリーという言葉に好奇心を刺激されて、手にとってみた一冊。
妖美な幻想的世界観の虜になり悠々と読んでると、最後に一気に現実と非現実をひっくり返されました。
「本格物最後の墓碑銘」とまで絶賛される本作は、ミステリとか小説とかそういうカテゴリを越えて、自分自身の存在とか価値観とかをすべて震撼させるものすごいものが込められているような気がして恐ろしくもあった。ホントにある意味怖い。

だって・・・いきなりこっちを見て語りかけてくるんだもん(笑)


~あらすじ~
昭和29年の洞爺丸沈没事故で両親を失った蒼司・紅司兄弟、従弟の藍司らのいる氷沼家に、さらなる不幸が襲う。密室状態の風呂場で紅司が死んだ。そして叔父の橙二郎もガスで絶命。事故か事件か?
駆け出し歌手・奈々村久生らの推理合戦が始まった。
そんな推理合戦をあざ笑うかのように、推理すればするほどどこまでも深まる謎。
妖しい光に彩られた4つの密室殺人は終章の悲劇の完成と共に、現実と非現実の倒錯する闇の世界へ読者を導く・・・


アンチミステリーとはいうものの、本格的推理小説的な謎解きも十分味わえるような気がするのですが、ただ・・・その本格推理小説的な部分はあまりに衝撃的なラストのための前座に過ぎないのでしょうか。前座というよりは、読み手に対する挑発というか愚かしさを知らしめるための道具に過ぎなかったのでしょうか・・・。

ラストの「独白」で物語の真実が明らかになるものの、読み手である私の中の真実は一気に揺るがされ、困惑し、すべてのものの常識と非常識の境界線が分からなくなった。
そのときはもう本を読んでいる感覚ではなく、ただただ突きつけられた疑問に答えることもできず放心状態(笑)なんなんだこれは!!!


こんな感覚になったのは初めてでした。
ただ、けっこう昔に書かれた本で独特の文体なため、読みやすいとは言えない&好き嫌いが激しく分かれる本だと思われます。


私の中では・・・いまだ、この本の衝撃を超えるものなし。


















スポンサーサイト
別窓 | Books | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ジョゼと虎と魚たち   ☆☆☆☆ | チャップリンと木の下で | オーデュボンの祈り>>
コメント
このレビューを読んで、『三大奇書』の存在を初めて知りました。

これは、かなりそそられますね(笑)

最近、読みたいと思う本が多すぎて困ります。どうしてくれるんですか、また増えちゃったじゃないですかっ。
2007-10-21 Sun 00:24 | URL | りょーた #-[ 内容変更] |
りょーたさんやっほー

他の2冊は読んだことないんですけどね(笑)良かったは良かったんですが、途中難しい雑学的なものや、言葉遣いがわかりにくかったりでちょっと読みにくいというところはありました^^;私が普段文学とかあまり読まないからかもですが。

他に読みたい本って何なんですか?
また教えてくださいね~参考に☆
2007-10-21 Sun 18:30 | URL | tomo #-[ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| チャップリンと木の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。