チャップリンと木の下で いつか語り合いたい、来世あたりに。
copyright © 2006 チャップリンと木の下で all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
サマリア  ☆☆☆☆☆
2007-10-31 Wed 13:09




キム・ギドク監督作品2作目鑑賞。

ヨジンとチェヨン。仲のいい2人はヨーロッパに行くために、援助交際をしている。
それはチェヨンがモーテルで男たちと会い、その間ヨジンは見張りとお金の管理をするというもの。チェヨンは援助交際をいつも笑顔でこなし、ヨジンはそれが理解できない。2人はいつも銭湯でお互いの体を洗い合っていた。ある日モーテルの中でチェヨンが警察に見つかる。そしてその瞬間、チェヨンは笑顔で窓から飛び降りた。チェヨンの死をきっかけに、ヨジンはチェヨンが稼いだお金をチェヨンの寝た相手と会い、行為の後お金返すという行為を繰り返す。そこからヨジンと父親が運命が激変してゆく・・・

正体の分からないモヤモヤしたものがうずまいている。
答えらしきものはこの映画には何もないのかもしれないし、それでいいのかもしれないけれど、なんとも言葉に表しようのないこの感じ(笑)不穏な気持ち・・・。

『春夏秋冬そして春』もそうだけど、キム・ギドク作品は、人の心の中のどうあがいても抗えない愚かな部分が衝動的に引き起こしてしまう行動が激しくてリアル。人間という生き物がこの地に現れた時から心の奥底に持ってしまっていた悪(原罪?)のようなもの。
ヨジンの父親が娘の援助交際を知ってしまった後の行動は、まさにそれに動かされた行動のように見えた。そして、いつも天使のように微笑みながら援助交際し、嬉しそうに窓から飛び降りるチェヨンは、まるでそれとは対照的な存在として見ることもできる気がする。

ラストの父が娘に車の運転を教えるシーンは、痛い。
一人残してしまうことになるであろう娘へ、一人でも生きていけることを願いながらのつぐないだったのだろうか。何も言葉で伝えられない父親の不器用な愛情だったのだろうか。

輪廻転生やカルマなど、仏教的な思想、要素を含む作品。
痛くて厳しい目を持っているけれど、優しい。
目を背けたくなるような醜い部分を観せつつも、最後には一筋の希望というか、救いがぼんやり見えるところが好きです。


どこか神話的な感じを受けた作品でした。




スポンサーサイト
別窓 | Movie | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<長い散歩 ☆☆☆☆ | チャップリンと木の下で | 春夏秋冬そして春  ☆☆☆☆☆>>
コメント
あ、観たんですねー
神話的な感じの作品。

まさにそんな感じですね。うまいこと言いますね。

このサマリアはほんと映像がキレイで、印象的なシーンが多いですよね。なにかを象徴しているようなそんな場面が多い。あと、音楽もいい。

ところで、パッケージってこういう感じなんですねー。
実は見たことがなかったんですけど、これってチェヨンが『バスミルダ』で、ヨジンが『サマリアの女』になってるんですね。いいパッケージだなぁ。DVD欲しくなっちゃった(笑)
2007-11-01 Thu 11:21 | URL | りょーた #-[ 内容変更] |
観ました~
すごく良かったです。
教えてくれてほんとにありがとうございます♪
さすがはりょーたさん。
キム・ギドクは引き続きはまりそうです。

そうか!やっぱりそうですよね、チェヨンがバスミルダでヨジンがサマリアの女の象徴としての姿なんですねこれ。私もこのパッケージ?の写真が一目で気に入って載せてみました(^-^)

私も実はDVD考えてます(笑)
2007-11-01 Thu 15:40 | URL | tomo #-[ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| チャップリンと木の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。