チャップリンと木の下で いつか語り合いたい、来世あたりに。
copyright © 2006 チャップリンと木の下で all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
悪い男
2007-11-28 Wed 01:05




まだまだキムちゃんブーム。

中毒性があります、キム映画。


繁華街のベンチに座る女子大生ソナに目を止めたハンギ。
やって来たボーイフレンドとの幸せそうなソナの姿を見て、強引に彼女の唇を奪う。
そして、ソナに蔑まれたハンギは復讐のためかただ傍に置いておくためか、彼女を罠にかけ売春宿へと売り飛ばす。客をとる彼女の姿をマジックミラー越しに見つめるハンギ。
2人の間にあるのは憎しみなのか、それとも愛なのか…。


とことん落とすことでしかソナを愛せないハンギ。
あまりにも凶暴で屈折した愛し方しか知らない男と、
それに巻き込まれ絶望し翻弄されながらも徐々に違う自分として生まれ変わってゆく女。

ハンギに陥れられたソナの中には、最初は憎しみや絶望しかなかっただろう。
でもいつしかその感情に麻痺し、娼婦である自分に慣れてしまった時、その苦しみの感情は徐々に違うものに変わっていたのかもしれない。
自分をただ見つめ続けるハンギへの依存のようなものなのか、愛情的なものなのかは分からないけれど。

「純愛」と「狂気」とか、そういう言葉で現せるのだろうかこれは。
綺麗なものでも汚いものでもない。


人は色んなものに「こういうもの」というレッテルを貼りたがる。
収入、職種、人種、容貌、年齢・・・まだまだ多くのもので他人を判断し、自分と比べる。
そして優越感や劣等感を覚えたり、美醜を決めたがる。
キム・ギドク映画を観ていると、いつもその基準が揺るがされる。
そして、自分の判断基準はいかに周りの色んなものに操作されてきたのかということを思い知らされる。

それは、娼婦が植物に雨水を与えようとする姿だったり、自分が傷つけられてもなお傷つけた相手をかばおうとするハンギの姿だったり。
その人が何であるか誰であるかは関係なく、その瞬間にどう生きているか、という視点からの美しさを見た気がした。暴力的なシーンなども割と多く刺激の強い映画だけれど、その混沌とした世界の奥のほうに潜む何かを見つけたような気がしました。


それにしても主演のチョ・ジェヒョン、セリフがラストあたりの一言しかないのに異様な存在感。
言葉がなくても、ここまで観ている側に語りかけられるものなのかと思いました。
かっこよすぎます・・・。










スポンサーサイト
別窓 | Movie | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<タロットカード殺人事件  ☆☆☆ | チャップリンと木の下で | 世界はときどき美しい>>
コメント
深い。。。
ただただその一言です。

遅くなりましたが、お邪魔させて頂きます。 
そしてこれも遅くなりましたが、勝手に相互リンクさせて頂きますね(/ω\)

今回のテンプレもまた、かなりいいですね~
いつもながら、世界観に驚かされます。

これからも<(_ _)>よろしくお願いしますね
2007-11-29 Thu 18:43 | URL | かずまスカイウォーカー #-[ 内容変更] |
かずまさん

ありがとう~♪
また遊びにきてもらえてすごく嬉しいです(๑→▽←๑)
リンクもありがとうございます。
すでにリンク勝手に貼らせてもらってました(笑)

テンプレ、ちょうど今日これ発見したんですよ。
かなり気に入ってます☆
これからもどんどん遊びにきてくださいね~!
こちらこそ、どうぞどうぞよろしくお願いしますね。
2007-11-29 Thu 19:52 | URL | tomo #-[ 内容変更] |
ハンギが唯一喋るあのシーンに、ちょっと衝撃を受けた。

だって、妙に高い声なんだもん。聴いたその瞬間は、『えっ!?声高っ!』ってちょっと笑っちゃったけど、ハンギはあの声をコンプレックスに感じていたのかなとか思ったり。
だから、寡黙に日々を過ごして極力言葉は発せず、ヤクザとしての強い自分を演じていたのかもしれない。

『ヤクザはこうあるべきだ』というレッテルみたいなもん?

でも、ソナを愛してしまって自分の中の色々なものが揺らぎ始めたのかな。
本当の自分は、ソナの手を握り傍で幼児のように丸まって眠るような弱い部分があったりとか、そんな表の自分と裏の自分みたいなものの狭間で苦しかったんだろうねきっと。

好きな映画ではあったけど、ラストはちょっと理解し難かった。生きていく為の術だったとしても、僕には受け入れられなかった。
2007-12-01 Sat 00:42 | URL | りょーた #-[ 内容変更] |
りょーちん

声高!!って私も一瞬目がテンになったけど、確かに衝撃だった。
ノドあたりにある傷のせいでそうなって、あの世界で生きていくにはそうやって強く見せるしかなかったのかもしれないね。

言ってるとおり、あの丸まって眠るシーンがそれまでとは逆の人間っぽいというか弱いところを映し出してたのかな。

キム映画観てると、なんかよく分からないけど自分の中で相反する感情がものすごい勢いで渦巻く気がする(笑)
自分でも時々戸惑うくらいに。
なんだかは分からないし、私何言ってるのかもよく分からないね^^;

確かに、最初のいきなり唇奪っちゃうシーンから「ないわー!」ってちょっと受け入れられんところはあった(笑)

最後もそうだよね。
でも観ているうちに、何がおかしくて何が普通なのかわからなくなるのがキムちゃんの映画やね。。。
2007-12-01 Sat 10:27 | URL | tomo #-[ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| チャップリンと木の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。