チャップリンと木の下で いつか語り合いたい、来世あたりに。
copyright © 2006 チャップリンと木の下で all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
それでもボクはやってない
2007-12-12 Wed 21:29




痴漢冤罪事件を取り扱い、日本の裁判制度に疑問を投げかけた映画。


観終わってものすごい憤りを感じたけれど、一体その憤りの正体は何なのか考えていた。
怒り、失望、悲しみ、色々な感情を抱きながら観ていたけれど、終わってから感じていたのはもやもやとした何だかはっきりとは分からない不安のようなものだった。

うーん、なんだろうってずっともやもやしていた。

権力の強い者が正義となってしまうということ。
一番恐ろしいのは、真実とか嘘とかは関係なく、ただ権力を握っている側が絶対的な正義とされてしまうというところなのかもしれない。
正義が勝つとか負けるとかいう以前に、もともと戦える場所ではないというか。
「痴漢」だと突き出された時点で、問答無用で「犯罪者」とされる。
弱い立場の者は、いつも強い者の権力に圧迫され続けなければならないのかと思うと、なんだかやりきれない気持ちになった。

もちろんこれはほんの一例で、冤罪事件なんて過去にもたくさんあるという。
冤罪事件なんてあってはならないと思う。でももし、自分が例えばあの場面に遭遇したとしたらどう思うだろうか?女子中学生が嘘をついていて、男が濡れ衣を着せられてるなんて思うだろうか?きっと思わない。「痴漢」と言われている男は、本物の痴漢にしか見えないだろう。
偏見というか、そうとしか見えないその状況が怖い。


もうなんか言葉が見つからないけれど、とにかく考えさせられる映画でした。
誰かと色々議論したり、もう少しじっくり考えてみたいと思った。

そして一番思うのは、少しでも多くの人がこの映画を観て、自分なりに考えることができるといいなということです。














スポンサーサイト
別窓 | Movie | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<転々 | チャップリンと木の下で | サイコ>>
コメント
おお! また書いてますね!(って遅すぎですねw)
これなら僕も見れるかもです(´・З・`)b

そういや、昨日友達6人で、『アイ アム レジェンド』
を観に行ったんですが、僕が想像してないちょっと怖い展開に
なったりして、

胃の辺りが痛たたたた・・って感じでした
マフラーで顔を隠す感じでフィルター掛けて観ましたw
2007-12-16 Sun 01:10 | URL | かずまスカイウォーカー #-[ 内容変更] |
かずまさん♪

ありがと~☆
この映画は観終わった時、ものすごブルーになりましたよ・・・。
この世界では、自分の知らない所で理不尽なことがたくさんあるんだろうなぁと思うと。

『アイアムレジェンド』ってもしや世界に自分一人になっちゃうやつですか?
実はそういう妄想(?)をしたことがあって、かなりの恐怖感に襲われた覚えがあります。←自爆(笑)
2007-12-16 Sun 11:49 | URL | tomo #-[ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| チャップリンと木の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。