チャップリンと木の下で いつか語り合いたい、来世あたりに。
copyright © 2006 チャップリンと木の下で all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
死ぬまでにしたい10のこと
2007-12-31 Mon 17:03





23歳のアンは、失業中の夫ドンと、2人の娘とトレーラー暮らし。彼女の毎日は、清掃の仕事と娘たちの世話で過ぎていく。ある日、突然の腹痛で病院に運ばれたアンは、ガンを宣告され、余命2、3ヶ月だと告げられた。アンは、病気のことを内緒にしたまま、夜更けのカフェで「死ぬまでにしたい10のこと」をノートに書き始めた…。


ある日突然、もうあと2~3ヶ月しか生きられないと知ったアン。

どうだろう、自分があと2~3ヶ月の命だと知ったら。
守るべきもの、愛するものがあって、それらを残していくことに対する悔しさや絶望感。
自分がいなくなった時の家族の様子を思い浮かべたり、何年後かの自分のいない未来を見つめる心境はどんなだろう。
どんなに考えたって、死というものをまだまだ遠くにしか感じない自分には分からないけれど。

死を目の前にしながら、残された時間の中で家族や自分のためにやっておきたいことを実行するアンの姿は、なんだか強く美しくも見えた。

もう見ることはできない、成長する娘に向けての毎年の誕生日に送るメッセージを吹き込む姿。男性を夢中にさせてみたい、今までしたことのないオシャレをしておきたいという女心。
長年会ってなかった刑務所にいる父親に会っておきたいという気持ち。
確執はあっても、母親には幸せに生きていてほしいという祈り。

たった一人で、誰に知らせることもなく「死」と対面しながら過ごす残り少ない時間は、アンにとって孤独ながらも家族や大切な人たちへの愛でいっぱいだったのかもしれない。


私がもしアンと同じ立場なら、やっておきたいことってなんだろう?って考えてみた。
欲しいもの、やってみたいことが出てきた。思ってたより少なかった。
そして、浮かんでくるのはやっぱり自分の大切な人たちの顔で、感謝や愛を伝えられるだけ伝えておきたいということだった。


生きるってことを考えさせてくれた映画だった。





スポンサーサイト
別窓 | Movie | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<プラネット・テラー inグラインドハウス | チャップリンと木の下で | 転々>>
コメント
僕だったら、間違いなく死の宣告に動揺して、恐怖して、死ぬまでにしたい10のこと、なんてリスト作ってる余裕なんてないねきっと。

それって、普段から自分の死に対して何も考えてないってことか。
死に対して何も考えてないことは、生に対しても本当の意味で考えてはいないんだなぁきっと。

自分は必ず死ぬ。

これって、誰にも平等なことで、当たり前のことだけど、どこか他人事のような忘れがちなもので、ずっと遠いもののように思ってしまってる。

終末のフールに、『あなたの生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?』ってあったけど、まさにこれだよね。ドキっとさせられる。
2008-01-01 Tue 22:28 | URL | りょーた #-[ 内容変更] |
『あなたの生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?』

ほんとにこれ、ドキっとさせられるね。

終末のフールのように、あと3年で自分がいなくなる、みたいな状況になった時に人は初めて「死」について真剣に向き合ったりするものなのかな。
誰か大切な人の死に直面した時とか。

映画や本、音楽とかもだけど、本当に色んなことを考えさせてくれるし、気付かせてくれることも多いね。








2008-01-02 Wed 22:27 | URL | tomo #-[ 内容変更] |
去年は僕にとって人の内面について考える事の多い一年でした。
少し生意気に言わせてもらうならば、
人に対する愛というモノの本質が少しだけ見えた様な気がしました。
勿論まだちゃんと理解出来るまでには、もっと成長しなければならないし、もっと沢山の経験が必要だと言うことも理解しています。

この映画はその成長に大きな手助けをしてくれるモノだと思いました。

この間、友達に『愛していると』言われました。
あまりに突然でビックリしましたが、その言葉には男女の関係を超えた純粋で無欲で人に対する暖かさに溢れていました。

そう言える人間に僕はなりたいと素直に思えた経験でした。

ちょっと脱線しましたが、長文失礼しました。
2008-01-03 Thu 13:03 | URL | かずまスカイウォーカー #-[ 内容変更] |
かずまさん

『愛してる』ということをちゃんと正直に伝えられるなんて、その人は本当に素晴らしい人ですね。
純粋で無欲な愛に触れた時って、なんというか自分の中のいらないものが全部吹っ飛んで、目に見えない言葉に表しようもないものにただただ心が震える感じがあります。

かずまさんが、人の愛の本質みたいなものを見つけたと思えるということは、本当にきっと見つかってるんだと思いました。
そういう風に感じることができるかずまさんもすごいなと思います。よくわからない表現ですいません^^;

純粋な想いや愛する気持ちって、ほんものならいつでもどこでも伝わるものなのかもしれませんね。
私も微妙に脱線してすいません(笑)

素敵なお話ありがとうございます!

2008-01-04 Fri 00:14 | URL | tomo #-[ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| チャップリンと木の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。