チャップリンと木の下で いつか語り合いたい、来世あたりに。
copyright © 2006 チャップリンと木の下で all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
オールド・ボーイ
2008-02-18 Mon 13:05
L_01.jpg




理由も分からぬまま、15年間監禁される平凡なサラリーマンのオ・デス。
監禁された本当の理由を知り、復讐を果たすことを誓う。そして、ふとしたことから知り合った若い女性ミドの助けを借りて、監禁した相手の正体を探り始める。
最後の最後、渡された箱の中に隠されていたのは、あまりにも絶望的で衝撃的な真実だった・・・

日本の同名漫画が、韓国のパク・チャヌク監督によって映画化された作品。
これ、韓国人監督だからここまで突き抜けられたというところはあるのかもしれないと思った。
日本人が作るとなると、また全然違うものになっていたような気もする。


とりあえず観終わった後の疲労感はすごい。
復讐する側からすると、この上ない最高に最悪な究極の復讐。
される側からすると、今ここに自分が生きていることが心底嫌になるくらいの仕打ち。
もう・・・観ているのが苦しくてたまらない。

人間はここまで、同じ人間に対して憎み恨むことができるのか。


綿密に練られた究極の復讐劇。
15年間の監禁が解けるその日こそがすべての始まりだったなんて。
体を傷つけるどんな凶器よりも痛い、人を精神的地獄へ突き落とすものがある。
究極の復讐に必要なものは究極の・・・だった。

観たくないのに観たい。
この物語の結末を知りたい。
そんな感じで、最後まで目が話せず進んでいきました。


オススメしたいなんて正直思わないけど。
もう一回観たいなんて、ほんの少しも思わないけど。


衝撃的なことに間違いはない気がします。







スポンサーサイト
別窓 | Movie | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<親切なクムジャさん | チャップリンと木の下で | L change the world>>
コメント
はじめまして^^
本当におっしゃる通り、衝撃的!という言葉が何より似合う作品ですね。観たとき、衝撃的過ぎて、かなり悲痛な想いをしたことを覚えています。それはいかんだろぉ、やば過ぎだよぉ!と。
この作品はカンヌでグランプリを獲っていますよね。その時の審査委員長がタランティーノだったので、少しひいきもあるのかも?と勝手に思っています。
漫画が原作ということもあって、漫画っぽい劇画タッチの映像は好感が持てます。
力強い、力強すぎて、苦しい傑作ですねw
2008-02-18 Mon 19:55 | URL | マキシ #-[ 内容変更] |
はじめまして♪
マキシさん

コメントありがとうございます☆

ほんと、衝撃強すぎて苦しくなるほどの映画でしたよね~。役者の迫真の演技にもただただ驚くばかりでした。
審査委員長がタランティーノだったんですね(笑)なんとなく彼が好きそうな感じしますよね(^_^;)

この映画、かなーり刺激強い映画ですが一見の価値ありな映画な気はします。私はあまりたくさんは韓国映画観ていないのですが、もっと他のも観てみたいと思いました。

次は、同じパク・チャヌク監督の『親切なクムジャさん』を観てみようと思います♪
2008-02-18 Mon 22:39 | URL | tomo #-[ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| チャップリンと木の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。