チャップリンと木の下で いつか語り合いたい、来世あたりに。
copyright © 2006 チャップリンと木の下で all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
親切なクムジャさん
2008-02-23 Sat 11:40



パク・チャヌク監督の『復讐三部作』の完結編。


この前鑑賞した『オールドボーイ』より、私はこちらの方が圧倒的に好き。
でもあまりに激しい感情が込められていたからか、観ていて途中で苦しくなり少し気分が悪くなるくらい。気分が悪いのに、全く目が離せない。

この気分が悪くなるというのも、決して嫌いな感覚じゃなくむしろこの気分の悪さが心地いい、的なところがある。ドMじゃないよ。変人じゃないよ。
ラース・フォン・トリアーの『ドッグヴィル』を観た時の感覚に似てるかも。


無実の罪で13年服役させられていたイ・クムジャ。
刑務所の中では、誰にでも親切で天使のように微笑んでいる。
皆からは『親切なクムジャさん』と呼ばれていた。
しかし彼女を陥れ、娘と引き離した者への彼女の復讐は、もうその時すでに始まっていた・・・。

復讐を題材にしたものはいくつか観たことがあるけれど、こんなに究極的に残酷で親切な復讐劇は知らない。

クムジャさんは、復讐のために利用できるものは全部利用した。
他人の心も自分の心もなんでも利用した。

ひたすら復讐のために生きるクムジャさんの姿は、ともすると人間とは思えないような冷酷非道なものかもしれない。復讐を成し遂げた時の、あの表情は夜叉のようだった。
でもその氷ついた心の裏側には、愛する娘に対する深い愛、復讐相手ペクとともに誘拐して死なせてしまった子供に対する深い懺悔の気持ちが存在していた。

極限に立たされた人間の行動なんていうのは、普段の心境からは想像もつかないようなものかもしれないけれど・・・クムジャさんのあの行動は、限界まで人を憎みそれを超えそうになってしまった時に、生命を維持するためにとらざるをえない行動だったのかもしれない。

まったく理解できるものではないけれど(笑)


演出的にも、ところどころユーモア(ブラックユーモア?)があって素敵でした。
キム・ギドク作品を観るまでは韓国映画ってほとんど観たことなかったけれど、独特で強烈だけど惹きつけられる良い作品が多いんだなと最近思う。
しかし、イ・ヨンエはすごい・・・国民的美人女優(らしい)なのに、あの演技は・・・。


三部作の最後のひとつを観る元気はもうありませんが・・・(笑)












スポンサーサイト
別窓 | Movie | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<~島田荘司の御手洗シリーズ備忘録~ | チャップリンと木の下で | オールド・ボーイ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| チャップリンと木の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。