チャップリンと木の下で いつか語り合いたい、来世あたりに。
copyright © 2006 チャップリンと木の下で all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
~島田荘司の御手洗シリーズ備忘録~
2008-03-15 Sat 13:39
『占星術殺人事件』

島田荘司デビュー作。
本格ミステリの中では常に名前が挙がる程有名な本書。
私は残念なことに、全く同じトリックが使われている某少年の事件簿の方を先に読んでしまっていたので、読む前からトリックはネタバレしていました。無念。ほんとに無念・・・何も知らずに読んでいたらどれほど感動が大きかっただろうと思うばかり。ああ無常。意味不明。
でもネタバレしていても後半の展開にはぐぐっと引き込まれ、一気読みしちゃう程。
途中から舞台が京都に移るので、情景を思い浮かべながら読めたのもまた楽しかった。
特に犯人と会う場面はドラマティックで感動すら覚えます。
ストーリー、トリック、人間心理、御手洗潔・・・この本には楽しめる要素がたくさん詰まってました。
最初に小難しい手記があるけれど、このしんどさをかるーく飛び越える感動が読後にはありました。


『斜め屋敷の犯罪』

御手洗シリーズ二作目。
北海道の宗谷岬にある斜め屋敷が舞台となった館もの。
最初の方は、正直「ありきたりやなこの展開」と思いながらなんとはなしに読み進めてました。
館に招かれた客が密室で殺され、あれやこれやの間にまたもうひとつの密室殺人が起こる。
御手洗ファンの私的には、彼が後半1/3くらいまで出てこないのでまだかまだかと思いながら若干イライラしながら読んでしまいました。でもやっぱり後半の展開のすばらしさはさすが。
もはや芸術とも言えるほど緻密で壮大なトリック、犯罪にいたるまでの犯人の人生や心理などが心にしっかり残るものだった。御手洗さんのさらっという一言にはいつも感銘を受けます。


『暗闇坂の人喰いの木』

物語全体に漂うおどろおどろしいけどどこか幻想的な雰囲気がとても好み。
読みながら背筋が凍る・・・いやいやほんと、処刑の歴史を絵&写真付きで淡々と語られた時は本当にページを読み飛ばそうかと思った(笑)この本には怖いけどそれ以上の好奇心を駆り立てる何かが確かにあります。だからやめたくてもやめたれない。
トリックもいつもどおり奇想天外だけど、今回のはいつも以上に突飛というかどこまでも不可解(笑)
書評でよく「トリックがあまりにも偶然にたよりすぎている部分が多い」と批判を受けているけれど、私的にはその偶然ですらミステリアスでぞくぞくするので楽しめるところでした。
偶然ですら何かの因縁によって必然的に起こるような気になってきます。
好き嫌いはかなり分かれる一冊だと思うけど、この作品はこうでなくちゃ!というこだわりが私にはあまりないというのと、乱歩的なおどろおどろしい雰囲気が好きなのでかなりいい感じで味わえた作品。
時々挟まれる昔のエピソードの語り口調がなんとも不気味。
ラストの博物館めぐり(?)はもうなんとも言えない生々しい狂気。


『御手洗潔の挨拶』

短編集。短編は御手洗潔の素敵さが際立ってます。
トリックなどは長編の満足感は味わえないけれど、気軽に読めて御手洗さんの魅力満載。
特に『数字錠』は短編の中でも人気の高い作品みたいです。涙を誘う・・・。誘われた・・・。
短編は遊び心があって、これはこれでまたいいなぁーと思う。御手洗ファンは必読。


『御手洗潔のダンス』

これも短編集。『御手洗潔の挨拶』よりさらに御手洗マニアック度アップ。
短編だけど、社会に対するメッセージ的なものや人間社会の問題点など作者の思いのようなものが読み取れる気がする。『舞踏病』はその点でもとても印象的。
『近況報告』では事件ではなく石岡くんと御手洗さんの日常が面白く描かれている。
つくづく島田荘司さんの作り出したキャラクターや世界観の素敵さに感動します。
そして、DNAについての御手洗さんの講義(?)はものすごく興味深い。
DNAを書き換えることってできるんだ・・・というかDNAによってすべて決定されているのかもしれないというところにもなんとも科学を超えた神秘性を感じる。

スポンサーサイト
別窓 | Books | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<御手洗シリーズ備忘録 その2 | チャップリンと木の下で | 親切なクムジャさん>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| チャップリンと木の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。