チャップリンと木の下で いつか語り合いたい、来世あたりに。
copyright © 2006 チャップリンと木の下で all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
マルコヴィッチの穴
2009-10-24 Sat 18:33
入ると15分だけマルコヴィッチになれる穴。



そんな不思議でシュールな穴に翻弄される1組の夫婦と1人の女。


マルコヴィッチを操って、3人がそれぞれの欲望を満たそうとする。

そんな人間のダーティな部分が滑稽なまでにストレートに描かれていた気がします。

マルコヴィッチの中に入って操ることで、愛する人や名誉を手に入れようとしたばっかりに起こる悲劇。

欲望は満たされても満たされてもどこまでも大きくなるばかり。決して終わりはない。



そんな怖さや、人間の心の脆さと愚かさをちょっとシュールに見せてくれました。




人形使いが人を操り、そして自分自身も欲望に操られているという皮肉。



結局人は人を操ろうとすればするほど、自身の欲望に飲み込まれていく滑稽な生き物のようだ。




設定も、会社の天井が低かったりだとか夫婦がチンパンジー(?)飼ってたりだとか、

いちいち出てくるもの全部が変。



変人や変人好きな方にはたまらない設定だと思います。




そして何より、



ジョン・マルコヴィッチ本人が穴に入ると!!?





・・・えらいことになってました(笑)


スポンサーサイト
別窓 | Movie | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<空気人形 | チャップリンと木の下で | 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| チャップリンと木の下で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。